カテゴリー
作者の紹介

偏差値使い

作者:偏差値使い
京大生→社会人。
大学生の頃から、ブログや書籍で大学偏差値と戦う受験生のためにメッセージを送り続けている。学生の頃にはわからなかった偏差値の高い大学に合格する価値を実感している。

偏差値使いプロフィール
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
偏差値シリーズリンク
スポンサーサイト

ランキングを見る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
試験力の正体とトレーニング法

ランキングを見る

■前回
偏差値では見えない『試験力』の正体

(続き)


受験仲間の海野山田
2人の模試での偏差値の違いから、私はあるチカラの存在に気が付いた。

試験でミスをしない能力=試験力。

私はこの試験力をトレーニングすることで、模試の偏差値を伸ばし、入試本番でも確実に合格することに成功した。

では、この『試験でミスをしない能力』とは何なのか。

これも、山田が試験でミスをしない秘密を聞くことでヒントを見つけることができた。


(私)
「なぁなぁ、山田って普段どんなふうに勉強してるの?」


山田
「は?急にそんなこといわれても困るし。えーっと・・・。」



(私)
「結構遊びにも行ってるのに、模試の偏差値がいいのは変だろ?」


山田
「ああ、なんだそのことか。別に変なことじゃないだろ。」


(私)
「なんで?じゃあ聞くけど、海野のほうが勉強してるのに、なんでミスが多いんだよ?」


山田
「たぶん試験時間だよ。じ・か・ん!」


(私)
「時間って・・・あっ!!!もしかして山田はいつも時間計って勉強してるのか!?」


山田
「うん。たぶんそれが海野と俺の違いだと思う。俺は遊びの時間もほしいから、勉強するときはいつも、時計をそばに置いて勉強してる。つまり試験で時間に追われるのに慣れてるわけ。


(私)
「すげぇ!!!山田おまえってすっげーよ!!!」


山田
「ま、俺も最近気が付いたんだけどな。」


試験でミスをする原因は、たいてい時間に追われるのに慣れていないから。

だから普段から時間を計って勉強していた山田は、試験の偏差値がよかったのです。

私はこのチカラを『時間力』と呼んでいます。
そしてこの時間力をもとに、入試本番の強さ『試験力』に気が付いたのです。


(続く:偏差値を超える実力を発揮しろ!

偏差値と大学受験の合格力 | 【2006-11-25(Sat) 16:21:37】 | Trackback(-) | Comments(-)