カテゴリー
作者の紹介

偏差値使い

作者:偏差値使い
京大生→社会人。
大学生の頃から、ブログや書籍で大学偏差値と戦う受験生のためにメッセージを送り続けている。学生の頃にはわからなかった偏差値の高い大学に合格する価値を実感している。

偏差値使いプロフィール
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
偏差値シリーズリンク
スポンサーサイト

ランキングを見る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
大学偏差値と合格の裏技

ランキングを見る

■前回
合格者と不合格者の考え方の違い

(続き)


あなたは『裏技』という言葉を聞いて、どんなイメージを持つだろうか。
おそらく『悪いこと』とか『楽な方法』という印象を持つ人が多いだろう。

ここでちょっと『裏技』の本当の意味を考えてみてほしい。
裏技とは何なのか。特に、大学受験に合格するための裏技とは何だろうか。

そこで、裏技じゃない大学受験合格の方法を考えてみる。
普通に考えて『コツコツとたくさん勉強する』のが大学受験生にとっての正攻法だろう。

その後に、この普通の合格法の『裏側』を考えればいいのだ。
しかし、この『裏側』がわかる大学受験生はなかなかいない。

なぜなら裏技とは『自分の考えを超えた方法』のことだからだ。

例えば私の友人で、なぜか試験の偏差値がいい、山田というヤツがいた。
私はヤツの言葉から、合格するために必要な力『試験力』に気が付いた。
必死で学力アップの努力をしているだけでは、到底この試験力には気が付かない。



 
これを応用すれば、裏技を自分で生み出すこともできるようになる。

努力して学力アップ』という枠を超えて偏差値を上げたり、合格する方法を考えればいいのだ。

ハッキリ言って、普通の大学受験生にはこうした方法を本気で考える姿勢がほとんどない。
大学受験と真剣に向き合って、勝つための方法をトコトン探そうとしないのだ。

大学受験はゲームだ。

頭が悪いヤツでも合格するチャンスはある。

受験本番でライバルより多く点を取れば、勝つ。



合格するための裏技など、考えればいくつでも出てくる。

私の友人の中でもかなりの面倒くさがり屋だった内原というヤツがいた。
ヤツは偏差値アップのため、勉強時間を金で買っていた
これなど「参考書を買って自分でやればいい。」と考えている受験生には絶対にできない考え方だ。


他には、私の使っていた参考書も普通のものではなかった。
たいていは友達から聞いた有名な参考書を使って、必死で勉強するのだろう。

しかし私は違った。
あまり有名ではなく、自分にあった方法で勉強ができる参考書を探したのだ。

例えばスタンダード例解物理という問題集がある。
私の周りでは誰も使っていない本だったが、私は勉強量の確保と時間力をトレーニングするために使い、うまく物理の成績を上げることに成功した。
ただし今では、この本の内容は古いため同じ方法はあまり効率的ではないが。


このように、他の大学受験生がやらないこと、やっていないことを見つけるのだ。

特に、お金のかかるノウハウや勉強法はほとんどの大学受験生が知らない場合が多い
当たり前だがこんなところでも、他の大学受験生に勝つチャンスは見つかるということに気が付いてほしい。


(続き:大学受験を超えた裏技

偏差値アップの裏技 | 【2006-12-03(Sun) 05:51:46】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。