カテゴリー
作者の紹介

偏差値使い

作者:偏差値使い
京大生→社会人。
大学生の頃から、ブログや書籍で大学偏差値と戦う受験生のためにメッセージを送り続けている。学生の頃にはわからなかった偏差値の高い大学に合格する価値を実感している。

偏差値使いプロフィール
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
偏差値シリーズリンク
スポンサーサイト

ランキングを見る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
大学受験を超えた裏技

ランキングを見る

■前回
大学偏差値と合格の裏技

(続き)


偏差値アップの裏技とは『思いも付かない偏差値アップの方法』のことを意味する。
当然、他の大学受験生が知らない方法だからこそ、あなたは圧倒的に有利になることができる


私の金持ち友人、内原は『勉強時間を金で買う』という裏技を使った。
年間160万円もの金を使い、医学部の家庭教師を毎週呼んで勉強時間を作り出したのだ。

おかげで内原は面倒くさがり屋だったにもかかわらず、高い偏差値を取り続け、医学部に合格していった。


私自身はと言うと、わずかなお金をケチり、自分で勉強すれば安上がりだと思い、家で一人で参考書を読んでいた
これが合格するための、正しい方法だと思ったからだ。

だが、当然集中力が続くはずもなく、どんどんと偏差値は下がっていった。
結局、私は当然のように入試で不合格になり、1年間の浪人生活をすることに。
こうして大きな代償を払ってはじめて、勉強時間を確保する重要性に気が付いた。



 
浪人してからの私は、予備校、講習、模試をできる限り大量に申し込んだ。
さらにたくさんの大学受験本を買い集め、休憩時間にどんどん読み進めた。
偏差値の高いヤツにはトコトン話を聞き、偏差値アップの秘密を探った。
おかげで『試験力』『心の偏差値』など、他の大学受験生が気が付かない裏技を使い、合格した。

当然たくさんのお金と多くの時間を使ったが、もう1年間浪人するときにかかるお金と時間を考えれば安いものだ。


このように、普通は裏技を見つけるために、たくさんのお金と時間が必要だ。

だが裏技の本質である『思いも付かない方法』を、大学受験より上のところから持ってくるとしたら。

大学受験よりずっと難しい試験に合格する方法を、

大学受験に使ったら、どうなるか。



例えば、司法試験や公認会計士といった資格。
これらは何年間もかけてやっと合格できる、超難関の試験に合格しなければばらない。
大学偏差値などといったレベルを、はるかに超える難しさだ。

もし、司法試験に合格できるようになる方法を、大学受験に応用したらどうなるか。
なんとなく想像はつくだろう。
犬どうしが戦っているなかで、自分だけライオンにパワーアップするようなものだ。

こうした発想を持つ人だけが、裏技にたどりつくことができる。
あなたもこうした発想も持って、トコトン大学受験と向き合えば、必ず合格できる方法が見えてくる。

裏技を見つけた後は、やるかやらないかの問題になってくる。
行動した人は合格しそのままにしてしまった人は今の苦労を繰り返すだけなのだ

偏差値アップの裏技 | 【2006-12-04(Mon) 01:11:14】 | Trackback(-) | Comments(-)