カテゴリー
作者の紹介

偏差値使い

作者:偏差値使い
京大生→社会人。
大学生の頃から、ブログや書籍で大学偏差値と戦う受験生のためにメッセージを送り続けている。学生の頃にはわからなかった偏差値の高い大学に合格する価値を実感している。

偏差値使いプロフィール
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
偏差値シリーズリンク
スポンサーサイト

ランキングを見る

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
勉強量を増やすテクニック

ランキングを見る

■前回
偏差値は勉強法では上がらない

(続き)


私が高2・高3の時、同じクラスで仲の良かった友達に、内原というヤツがいました。こいつは歯医者の息子で、当然家はかなりの金持ち。いつも私に金持ちの世界の話をしてくれていました。

親が歯医者の影響もあって、内原の大学受験の狙いは国立大学の医学部。偏差値はヤバ過ぎるぐらい高いところばかりです。

だから当然、内原の成績はかなりイイ。
模試の成績は、最低でも偏差値60は取っていました。

でも内原はかなりの面倒臭がり屋。いつも勉強が面倒臭いとグチをもらしていました。

「面倒臭がりなくせに成績がいいのは、きっとかなり効率のいい勉強法を知っているせいだ。」

と思った私は、内原の勉強法を盗んでやろうと思い、必死になって勉強法について質問をしました。

ところが・・・



(内原)
「はぁ?俺の勉強法?そんなもんねぇよ。」


(私)
「隠さなくってもいいじゃんか。別に俺は医学部受けないからライバルじゃないだろ?勉強法教えてくれよー。」


(内原)
「だから勉強法なんて考えたこともねぇって。俺はただ、河合塾に通って、講習とか模試とか受けて、家庭教師に手伝ってもらいながら予習復習をしてるだけだ。」


(私)
「うわっ。さすが金持ち。そんなんじゃ何にも参考にならないし。うちはそんな金ないから、本屋で参考書買ってきて、自分でやるしかないんだよな。。。」


この時の私は勉強法ばかり探そうとしていたせいで、内原のセリフの中に隠れている大切なポイントに気がつきませんでした。

あなたは分かりましたか?
内原のセリフの中にある、偏差値を上げるために大切なポイント。

参考書を自分でやることとの、決定的な違い。
つまり、

勉強時間を金で買っている
というポイントです。


「自分で参考書を買ってきてやれば安く済むじゃん。」

といっている受験生がいますが、勉強時間を自分で作り出さなきゃいけないんだから、安いのは当たり前。

予備校に通ったり、家庭教師を頼むのは、先生に助けてもらうためじゃないんです。一番大切なのは、勉強する時間を作るためにお金を出しているということなんです。

つまり勉強する環境を買ってるようなもの。


私が内原からこの話を聞いたときには、

「勉強時間を買うなんて、金持ちだけにしかできないじゃないか。」

と言って、自分に応用しようなんて考えもしませんでした。

そして大学受験で不合格になったあと初めて、勉強時間を作り出す大切さに気が付くことになるのでした。

お金をケチって自分の力だけで勉強しようとしたため、私は1年間の浪人生活という大きな代償を払うことになりました。


(続き:勉強時間を作り出せ!

偏差値と大学受験の合格力 | 【2006-02-24(Fri) 03:59:39】 | Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。